残念ながら、3回戦を突破することはかないませんでした。
悔しい思いもあるけど、相手を讃えることも忘れてはいけない。

この敗戦を次の戦いに向けての教訓にして、我々は進まなければなりません。ここで立ち止まるわけにはいきません。
せっかくここまで成長してくれた選手のためにも。

保護者サポーターの皆様、応援・送迎ありがとうございました。
対戦いただいたコンクエスタ、サウタールの皆様もありがとうございました。