学び / 経験 = 学習率


GWに突入すると、各カテゴリーで様々な大会等が行われ、シーズン到来って感じですね。

タイトルのとおり、仮に「経験を分母」に「学びを分子」にし、導き出されるものを「学習率」とします。
それでは、「学習率」の高い人間とはどんな人物でしょうか?

それは「あらゆる事から多くを学べる人間」です。

出場機会が少ない選手も、それはれっきとした出場機会が限られているという「貴重な経験」です。
その中から、些細なことでもいいので、何を得るか?

日本代表の本田選手は今年に入ってから、所属のACミランでの出場はほとんどなかったと思います。
しかしながら、出場した際には、自分の持てるチカラを最大限に発揮しようと努力しています。

あらゆる経験・体験から「学習率」を上げていき、「素晴らしい選手」以上の「素晴らしい人間」を目指してもらえたら、嬉しいです笑。

学びは現場(経験の中)で7割以上が起きている!
いや、現場でしか学べないものがある!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください